パンチラ追って知らない街へ

すべて作り話です

星野結夏さま

暦の上に春は立ちながら、厳しい寒さが続いておりますが、 いかがお過ごしでしょうか? 風邪など引いていませんか? 霜焼けなどしていませんか? 突然の手紙ごめんなさい。 まだまだ寒く長い夜のついでに目を通して頂ければ幸いです。 まず、我が家に暮らして3年目を迎える2匹の猫に関してお知らせします。 彼らはなぜか最近テレビをよく観ます。 株価のニュースを観ながら話をしています。 彼らの人生に株価が何か作用することがあるのでしょうか? 『金魚カフェ』では、姉の体調もあって、最近継男さんがラテアートを描いています。その絵の作風が常軌を逸しており、女性客が悲鳴を上げて帰る事しばしばです。 上原さんに紹介されて、先日ついに河合さんと対面しました。 驚きです。 河合さんは、まるでギリシャ彫刻のような2枚目だったのです。 握手の手を差し伸べ「やあ、初めまして」とおっしゃっていました。 友達になれるかどうかは、ちょっとわかりません。 目黒川を行き交う人々は、桜の木を見上げて開花の時季を待ちわびながら、すでに花見の約束を取り交わしています。 また、あの賑やかな季節が訪れるのですね。 昨日、君の夢を見ました。 君がたくさんの風船を抱えて来る夢でした。 君は無数の風船を僕と自分の体に結び付けました。 僕と君は風船に軽く体を持ち上げられて、空を飛びました。 目黒川を見下ろすと、マチルダとはっさくが見上げてるのが見えました。 上原さん達が赤ん坊を抱いて手を振っていました。 僕は風に流されて飛んで行くしかない自分のひ弱さが少し悲しかったです。 川沿いの道を今日も歩きます。 不思議と1人になった気がしません。 まだまだ僕は、毎日を君の記憶と共に暮らしています。 君がよくお風呂場で歌っていた歌・・ 「♪静かに静かに 手を取り手を取り」 そんな風に始まる歌。そんな風景。 深夜2人でDVDを借りに出かけた時の事。 月が随分と大きな事に気付いた僕と君は、そもそもなぜ出掛けたのかも忘れて夜の散歩をしました。 旧山手通りで焼きいもを買って、半分に割ったら大きさがまるで違って、じゃんけんして、食べて、笑って、手をつないで・・ 僕が結婚を口にしたら、君は焼いもをいっぱいに頬張った口で、声にならない返事をしました。 そんな始まり。そんな風景。 君と結婚して知った事があります。 洗面台に並んだ歯ブラシ。 ベッドの中でぶつかる足。 いつの間にか消えてる冷蔵庫のプリン。 階段を先に下りる事。階段を後から上がる事。 恋はいつしか日常に変わる事。 日常が喜びに変わる事。 間違えてはいて出掛けた女物の靴下。 メールで頼まれる番組録画。 背中をかく事。 怖い夢を見たら寄り添う事。 もう1人の父親。もう1人の母親。 もう1つの故郷。 故郷から届くミカン箱の中の白菜。 日常が奏でる音楽。 日常を伝え合う事の物語。 ここにはまだそれが転がっています。 部屋の隅に。電球の裏に。 カーテンにくっついたまま過去から訪れる君の愛情を受け取っています。 川沿いの道を今日も歩きます。 1人づつ2人で生きていた事。 僕の中に住んでいる君。 君の中に迷い込んだ僕。 不思議と1人になった気がしません。 いつかまたそう思う事の愚かさを思いながら、それでも思います。 夜中の散歩をして、じゃんけんして、食べて、笑って、手をつないで、焼いもを頬張りながら、また同じ事を話すんです。 僕たち一緒にいると楽しいよね? 一緒に年をとりませんか? 結婚してくれませんか?