パンチラ追って知らない街へ

すべて作り話です

光生さんへ

光生さんだって。今そう書いてて自分でびっくりしました。 あなたのことを名前で呼ぶのは、ちょっと記憶にないぐらい久しぶりな気がして、なんか緊張します。 とりあえずご報告です。私家を出ました。 部屋を見て、びっくりしましたか?口開いてませんか?今説明しますので、ひとまずそれを閉めてください。 あのね光生さん、やっぱりこのまま一緒に暮らすのは変だと思いました。 私たちは離婚して結構経つし、何かと支障があると思うのです。 どんな支障かはうまく説明できないのですが、最近どうもまた、あなたのことを見ていると変にざわざわするのです。 私なりにそのざわざわを打ち消すとか、あるいは元に戻す努力を検討してみたのですが、どちらもうまくいきませんでした。 私、あなたのことを変だとか言いましたが、どうやら誰より変なのは、私なのかもしれません。 いろんなことの調整がうまくできなのです。 好きな人とは生活上気が合わない、気が合う人は好きになれない。 私あなたのいうことやすることには何一つ同意できないけど、でも好きなんですね。 愛情と生活はいつもぶつかって、なんというかそれは、私が生きるうえで抱える、とても厄介な病なのです。 前に映画見に行きましたよね、ほら、私が10分遅刻したとき。 横断歩道を渡ったら、待ち合わせのところにあなたが立っていました。 寒そうにして、ポケットに手を入れてました。 この人は今私を待ってるんだ、そう思うとなぜかうれしくなって、いつまでも見ていたくなりました。 それは映画を見るより、ずっとすてきな光景だったのです。 あなたをこっそり見るのが好きでした。 あなたは照れ屋で、なかなかこっち向かないから、盗み見るチャンスはたびたびあったのです。 目黒川を二人で並んで歩くとき、こっそり見てました。 DVD見てるとき、本読んでるとき、いつもあなたを盗み見て、気持ちは自然と弾みました。 桜が見える家にお嫁に来て、桜が嫌いな人と一緒に暮らして。 だけどあなたが思うよりずっと、私はあなたに甘えていたし、包容力って言うのとは少し違うけど、あなたのひざでくつろぐ心地よさを感じていました。 一日ひなたに居るような、そんな、まるでネコのように。 もしかしたら私はこの家に住む、3匹のネコのようなものだったのかもしれません。 美味しいご飯ありがとう。あたたかいベッドありがとう。ひざの上で頭をなでてくれてありがとう。 あなたを見上げたり、見下ろしたり、盗み見たり、まじまじ見たり、そんなことが何よりかけがえのない幸せでした。 光生さん、ありがとう。 お別れするのは自分で決めたことだけど、少し寂しい気もします。 でももし、またあなたをこっそり見たくなったときは、あなたにちょっと話しかけたくなったときは、また、どこかで