パンチラ追って知らない街へ

すべて作り話です

あいまいな喪失

勇気を出して聞いてみた。家族なのに、家族のことを知るために勇気を出さなくてならないことそのものがおかしな話なんだけど。私にとっては、2年ほど前からずっと気になっていたことで、気になっていたことなのに、どうしても口に出すのは憚られていた。 私…

旅行記③したいがしたいであるうちに

次なる目的地は、この旅で一番楽しみにしていた出雲日御碕灯台だ。実のところ、私は灯台が好き。本当に大好き。青い空と海に、凛とそびえ立つ白い灯台。船人の安全を見守り、暗い海に光を照らす道しるべ。時に二人の未来を見つめる場所、という意味を込めて…

旅行記②あやかりたい

別れを惜しみながらサンライズ出雲を下車し、特大の荷物をJR電鉄出雲市駅のコインロッカーに再び押し込み、身軽さを取り戻した私は、一畑バスを待ち出雲大社へと向かった。参拝方法が他と違うことはリサーチ済みだ。鳥居をくぐったらまずは、祓社(はらえの…

旅行記①Sunrise Express Izumo

2022年5月6日。午後休をもらい、仕事終わりに駅のコインロッカーに詰め込んでいた大荷物を取り出して、いそいそと東京へ向かった。朝からずっと、これからはじまる一人旅のことを思って心が落ち着かなかった。今回の目的は東京ではない。今回の目的、それは…

ナナちゃんのこと

ナナちゃんのことをたまに思い出す。ナナちゃんは高校一年生の頃おんなじクラスで、私とは席がずいぶん離れてて、入学してしばらくはお話しする機会はなかった。ナナちゃんは小顔で高身長で手足も長くて、名前の通り小松菜奈によく似てた。ある日、ナナちゃ…

ロックンロールはジャンルじゃない

ザ50回転ズのライブ行ってきた。ほくほくと興奮しながら帰路に着いています。今夜はまだ、眠れそうにない。ザ50回転ズのライブの後は決まってキーンと揺れる鼓膜の余韻を耳に感じながら、なんの音楽も聴かずに帰ることが私にとっての定番なのだ。なんだか、…

質の悪いエンジン

6年か7年前に書いた日記を開いて読んでいる。今は今期最大、GW10連休一日目の深夜2:11にあたる。今回の長期連休において目標としていた「生活リズムを崩さない」はあっけなく初日から達成することができなかったみたいだ。私は深夜が好きだから仕方がない…

思へば遠くへ来たものだ

毎日のようにやるせなくて泣いて帰ってた仕事終わりの胸の痛みや夜道の風景を鮮明に思い出すことができなくなっていて、まるで遠い遠い昔のことみたい。今私は5年目の春を迎えて、入社後はじめて異動を経験して、名古屋へ金を稼ぎにきています。23時過ぎにオ…

MOROHA"単独"日本武道館

私がMOROHAを知ったのは5年程前のことで、終わらない就職活動に、先の見えない不安な毎日にいよいよ疲弊していた頃だった。丁度、子供から大人に成熟する段階にあったのだろうと思う。やけに感傷的で世の中に牙を向けて、その割に自分はなんて無価値な人間な…

ディジュリドゥを吹いてみたい

その人はいつもおかしな話をしてくる人だった。 ある時は猛烈に釣りに没頭していると言い出したかと思えばありとあらゆる釣竿を、様々な種類のリールを、またそれぞれの魚に合わせたエサなどをそろえて、川に海に向かい何時間も何時間も魚と対峙したという。…

分人(ディヴ)

一人目 彼女はとても天真爛漫で、だれにでも分け隔てなく接することができる。優しさに満ち溢れていて、争いを好まない様子だ。仕事でもめいっぱいの明るさで対人関係をそつなくこなし、愛される人柄でまかり通っている。休日には料理やお菓子作りに精を出し…

クォーターライフ・クライシス

あまり知られていないのですが、20代後半から30代は「クォータークライシス」がやってきます。人生に焦り、幸福度が下がり「自分の選択肢は間違っていた」と思い込みます。でも安心してください。どんな選択肢を取っても不安はやってきます。そして「無駄に…

20211231

今年一番の寒波が襲来した夜、わたしはボタボタと傘におちる湿り気の多い雪を眺めながらひとり帰路についていた。年の瀬の雰囲気はやはりどこか忙しなく、街をゆく人々の足取りは軽快でいて少し焦っている様にも見えた。かくいう私はというと、終わらない仕…

夜のかけらと宇宙のココア

冬の寒さは大嫌いだけど、わたしにはとっておきの思い出がある。それを思い出すたびに、冬だって悪くないと思えるのだ。 幼い頃、父はわたしに流星群を教えてくれた。ある晩、寝ているわたしをやさしくゆすって、星を見ようと午前3時に抱き起こした。その頃…

カルテット

自分の思いや、創作した話を書くのは得意(大好き)だけど完成した作品を見た後に書くレビューがなんとも苦手だ。ドラマ「カルテット」を見た。数年前に放映されていた連続ドラマで当時とても流行っていたのだけど、わたしは見ていなかったため、皆が揃って…

深夜高速

死のこと怖いって誰より思っていたくせに最近なんかアーもーしにてーなー疲れたーとか軽率に思うようになっちゃって。ほんとはそんなこと思ってないよゴメンゴメンって、心にね、謝ってる。そんな矢先、偉い人に寿司を奢られて、また素敵な歌にめぐりあって…

ビューティフルに生きて死ぬための僕らの人生 人生

嫉妬の裏にはなりたい自分の姿がいやというほど隠れていることをわたしは知っていて、だから例え妬みの感情が湧いて出たところで誰を攻撃するなんてことはないんだけれども。ないようにしているんだけれども。到底あなたがたには及ばない自分を、辿り着けな…

私を笑ってくれるなよ

失敗を嘲笑われたことを今日一日中ずっと、本当にずっと考えていた。(引きずっていた)他人の失敗を笑ってもいいなんてこと、学校はおろか親からもわたしは一度も教わったことなんてなかった。誰にでも失敗や得手不得手はあって、うまくできなかったときに…

星野結夏さま

暦の上に春は立ちながら、厳しい寒さが続いておりますが、 いかがお過ごしでしょうか? 風邪など引いていませんか? 霜焼けなどしていませんか? 突然の手紙ごめんなさい。 まだまだ寒く長い夜のついでに目を通して頂ければ幸いです。 まず、我が家に暮らし…

光生さんへ

光生さんだって。今そう書いてて自分でびっくりしました。 あなたのことを名前で呼ぶのは、ちょっと記憶にないぐらい久しぶりな気がして、なんか緊張します。 とりあえずご報告です。私家を出ました。 部屋を見て、びっくりしましたか?口開いてませんか?今…

手話を会得したゴリラが言うには

むかし、動物系のテレビ番組でゴリラと手話でコミュニケーションのとれる外国人女性研究者の特集が放送されていた。ゴリラは知能が高くて、簡単な動作なら人間を真似てみることができる。彼女はゴリラとさも友人と過ごしているかのような親密さで一緒に食事…

ハート救急箱

mew meow — 「包帯を巻いてあげられないのなら、その人の傷に触れてはいけない」 最近立て続けて親しい友人が、私に身の上話を打ち明けてきた。ひとつは、恋人との破局ともうひとつは家族とのこと。私はそっと耳を傾けながら話が終わったあとに差し出すため…

26歳青春の象徴

こんなにも音楽を愛し、音楽に愛されて生きているのに楽器ひとつ弾くことができないなんて、まったくおかしな話だよ。憧れのバンドマンと同じギターを目にした瞬間から私の胸はときめき、街は煌めき、星が瞬き、花が咲きほこりました。 今の稼ぎじゃうろたえ…

日常と和えるパスタソース

例えば何の前触れもなく突然深夜に焼き菓子をこさえること、柔軟剤をその日の気分で変えること、平日の整理整頓や洗い物は見てみぬふりしながら荒れていく部屋を、大好きな金曜日の夜更かしを、決してだれにも咎められないこと、休日は午後にのそのそと起き…

叶わない夢の話

トワイライトエクスプレス かつて大阪駅-札幌駅間を運行していた寝台特急、トワイライトエクスプレス。たそがれの、薄明かりの急行列車。それに乗って静かな夜の街を駆け抜ける。目が覚めてふと窓の外を見ると、月明かりに照らされた街並みが目にもとまらぬ…

ライブハウス

その日は、朝起きた瞬間から何度も何度もチケットの所在を確認して、時間にルーズなはずのわたしが、はじまる2時間前にはゆうに現地に到着してしまう。その日着るものは物販にて調達する。タオルはわざわざ持っていったりしない。2回洗えばペラペラになって…

わたしの忘却曲線は、齢関係なく翌朝にはもう急降下してしまうから実際の記憶のおそらく50%も書けないだろうけど、それでもまだ覚えている範疇で、忘れたくないことから書き記していくこととする。 人生で二度目の、生でお笑いを鑑賞しに名古屋へ。 疫病の流…

私が有する救いについて

音楽 幼い頃、親から譲り受けたCDプレイヤー。初めて聞いた音源は父から借りたザ・ビートルズ「1」。あの頃から辛いことがあると決まって自室にこもっては、部屋の隅にうずくまり最大音量で音楽を鳴らしていた。胸が張り裂ける悲しみを背負った夜にブルース…

翼になりたいと思った話

出逢うべくして出逢うものは、人と人との巡り合わせだけではない。音楽も文学も短歌も映画も出逢うべき時に、出逢うべくして、出逢うのだ。私にとってのそれは今、故・ 萩原慎一郎ただひとつの歌集「滑走路」である。 今年の夏に、私は自らの手で大きく人生…

ボリューム満点激安ジャングルに欲しいものなんて何もない話

近所にドン・キホーテがある。深夜まで営業していて、仕事で遅くに帰っても、残り僅かな消耗品のことを急に思い出しても、買いに行ける便利さに日々感謝の気持ちでいっぱいだ。ドン・キホーテは何よりも薄利多売で安物が数多く品揃えられている。この町に越…